信用情報に履歴がない場合

カードローンの審査に大きく影響を与えるのが信用情報です。クレジットなどの利用履歴などが情報として残っているので、過去に未納などがあると、カードローンの審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。だから支払いや返済は期日を守って行うに越したことはありません。

 

ところで、今まで信用情報に全く情報がない場合、審査の上でどのような立場になるでしょうか。今までクレジットやカードローン、分割支払いの利用経験がない場合、信用情報機関の履歴もまっさらです。過去に事故情報がなければ、それだけ信用度が増すでしょうか。

 

情報がまっさらな場合、事故情報がある人に比べると審査には有利といえます。しかも新規顧客です。カードローンも独占企業ではなく競争相手は数多くいます。優良顧客であれば囲い込みたいのは当たり前です。

 

ただし、まっさらイコール審査に無条件に有利とは限りません。今までの利用履歴があり、かつきちんと利用と返済をしていた人と比べると、情報が少ないという面では不利になります。これからきちんと返済できるかどうかの判断もしづらいので、その面は仕方がありません。

 

それでも新規顧客としての期待値が大きいので、影響を与えるのは融資可能かどうかという点ではありません。金額が大きいかどうか、高齢かどうか、この2点が問題になります。利用履歴がなければ、いきなり大金の融資をするのはリスクが高いです。高齢であれば何故今になって急にカードローンなのか、事情があるのではと勘繰られてしまいます。だから初めは、少なめの限度額で申し込むと審査に通りやすくなります。

 

消費者金融の場合には特に初回の限度額は小さくなりますので、大手の広島市でも借りられるプロミスであるとしても、希望額は多くはしない方が良いでしょう。