3つの信用情報機関と違い

日本にある信用情報機関はCIC、JICC、全銀協の3つです。金融会社は3つの内のどれかに加盟しています。これから審査を受ける人、審査に不安がある人、審査に落ちてしまった人は、どの信用情報に関連があるのかを知っておくとよいでしょう。

 

CICはクレジット会社の多くが加盟している信用情報機関です。クレジット関連の利用履歴がある人や、クレジット会社の審査をこれから受ける人は、CICの信用情報の影響を受ける可能性が高いです。

 

JICCは消費者金融の多くが加盟している信用情報機関です。消費者金融のキャッシングやカードローンを利用する人、過去に利用していた人は、JICCの影響を受ける可能性が高いです。

 

全銀協は、銀行が加盟している信用情報機関です。銀行の融資関連の履歴が残っています。

 

これら3つの信用情報機関について、自分の信用情報がどうなっているのか、もしも知りたければ開示請求が可能です。要するに、自分の信用情報に傷がないかどうかを調べられます。各信用情報機関個別に申請する必要があり、1件1000円の手数料がかかりますが、気になるなら請求するのもよいでしょう。

 

これから審査を受ける人もそうですが、まったく心当たりがないのに審査に落ちてしまった場合、信用情報の開示請求をすると意外な理由が判明する可能性があります。

 

もし大手消費者金融のアコムの審査に通らないとお悩みの方は、下手な審査を受ける前にアコム千葉県千葉市に関する情報を参考に、申し込みから早い審査について知っておくようにしましょう。